痛みに負けないで|腰椎椎間板ヘルニアは治療が可能

病院
このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘルニアの治し方

病棟

腰痛は筋肉の炎症が原因のぎっくり腰や、腰椎椎間板ヘルニアなどがあります。ぎっくり腰は筋肉の炎症を解消すると治りますが、腰椎椎間板ヘルニアは飛び出したヘルニアによる神経の圧迫が原因ですので、治療法が異なります。腰椎椎間板ヘルニアは飛び出したヘルニアを元に戻すことが根本治療になるので、最終的には外科手術を行うことが必要です。ヘルニアが巨大化した時には一刻も早く外科手術を受けることが必要になり、外科手術以外に治す方法はありません。ヘルニアがまだ小さい時には薬物治療やブロック注射などで治療を行い、症状によってはコルセットを装着して神経の圧迫を防ぎます。腰椎椎間板ヘルニアはレーザー手術でも治療することができます。

重症の腰椎椎間板ヘルニアは外科手術で治療を行いますが、PLDD法と呼ばれるレーザー手術でも腰椎椎間板ヘルニアが治療できる場合があります。レーザー手術は施術時間が15分程度で全身麻酔も不要ですので、外科手術と比べると患者の肉体的な負担は軽減されます。外科手術で腰椎椎間板ヘルニアを治療した時には、手術後は1ヶ月程度の入院が必要になりますが、レーザー手術は日帰り手術が可能です。レーザー手術は入院の必要がないので、仕事をしている人は早期に社会復帰をすることができます。PLDD法による腰椎椎間板ヘルニアのレーザー手術は非常に優れた治療法ですが、全ての人に対して有効ではありません。レーザー手術ができない場合には、外科手術によって腰椎椎間板ヘルニアを治療することになります。

負担が少ない画期的な治療

看護師

NK療法は私たちの身体の中にあるナチュラルキラー細胞の防衛効果を利用した治療法で、患者の負担がほとんどないことが最大のメリットです。ただし、保険が適応されないため治療費が高額になることや培養中はがんが増殖し続けることになるなど、注意しなければいけないこともあります。

詳しくはこちら

副作用も少ない施術方法

医者

従来のがん治療には次の3つがあります。メスによる切除、抗がん剤の投与、放射線治療の3つです。いずれも身体への副作用がありました。しかしながら、新しい治療法のNK細胞療法は副作用が伴わない免疫療法ですので、安心して受けることができます。

詳しくはこちら

がん治療の新アプローチ

婦人

免疫治療とは人間に存在する、がん細胞を攻撃する免疫細胞の攻撃力の低下を改善し、再び、がん細胞を撃退させることを目的とした治療法です。体への負担はなく、他の治療法と併用すれば、更なる効果が期待できます。また、本来の能力を発揮すれば免疫細胞は、がん細胞を撃退できるので、免疫治療自体、高い効果があります。

詳しくはこちら