痛みに負けないで|腰椎椎間板ヘルニアは治療が可能

看護師
このエントリーをはてなブックマークに追加

がん治療の新アプローチ

婦人

免疫細胞の攻撃力が復活

人間の体には、がん細胞を攻撃する性質がある免疫細胞が存在しています。力の優劣は免疫細胞の方が強く、がん細胞が誕生しても、その都度、免疫細胞が撃退しているので、通常は、がん発症までには至らずに済んでいるのです。意外と知られていない事実なのですが、がん細胞は健康な人であっても毎日、5000個程度は誕生しています。ただ、免疫細胞の攻撃力は常にあるというわけではなく、低下してしまうこともあります。そうなると、がん細胞は増殖してしまいますので、がんを発症してしまうことになります。低下した免疫細胞の攻撃力を復活させようというのが、免疫治療です。最新の治療法ですので聞いたことがないという人も多いかと思いますが、様々なメリットがありますので、今後、一般的になるのではないかと予想される治療法です。

様々なメリット

注目されている免疫治療の最大のメリットは、体への負担がないことです。患者自身に存在している免疫細胞の本来の能力を取り戻すだけの治療、もっと端的に言えば、免疫力をアップさせるだけの治療ですので、免疫治療は体に負担はかからないのです。そして、免疫力がアップした状態で他の治療、抗がん剤治療や放射線治療を受ければ、それらの治療の効果が高まることも期待できますので、免疫治療は他の治療法にとっても有効です。また、がん細胞には耐性があります。従って、抗がん剤治療の場合、最初は効き目があったとしても、徐々に効かなくなることもあり、そのため違う抗がん剤を投与しなければならないということも往々にしてあります。その点、免疫細胞は、そもそも、がん細胞を、あらゆる状況で撃退してきたわけですから、攻撃力が復活されば、がん細胞は逃れられないということになります。従って、免疫治療自体、高い効果があるのです。