痛みに負けないで|腰椎椎間板ヘルニアは治療が可能

看護師
このエントリーをはてなブックマークに追加

副作用も少ない施術方法

医者

三大療法

がんの治療方法には従来より3つあります。1つは手術です。メスを用いて患部を切除することでがんを治療します。ただし、身体にかかる負担が大きいです。もう1つは抗がん剤の投与による治療法です。これは治療効果が極めて高いのでよく用いられますが、がんが進行している場合や末期がんの場合は投与できないということがあります。最後に、放射線療法があります。放射腺を照射することでがんを改善させるのですが、大量の放射線は身体に副作用を伴うことがあります。このように、従来の施術法は効果が高いのですが、その反対に身体に悪影響をもたらす可能性もありました。しかしながら、副作用が全くない治療方法も確立されました。それがNK細胞療法です。

新しいがん治療法

新しいがん治療方法としてNK細胞療法が登場しました。これは免疫療法の1つです。免疫療法とは、免疫力を高めることで患者の体内に侵入してきたウイルスや腫瘍を排除することで治療するというものです。免疫療法は副作用がない治療法です。NK細胞療法は悪性腫瘍細胞を攻撃するNK細胞ががん細胞を攻撃して自ら治療するというものです。しかも、NK細胞療法は他の免疫細胞療法と併用することも可能です。たとえば、自然免疫を利用した活性化自己リンパ球療法と一緒に受けることができますし、相乗効果も認められています。NK細胞は加齢に伴って少なくなっていきます。がん患者に高齢者が多いことはこのことと無関係ではありません。中高年の患者はNK細胞療法を受けることをおすすめします。