痛みに負けないで|腰椎椎間板ヘルニアは治療が可能

看護師
このエントリーをはてなブックマークに追加

負担が少ない画期的な治療

看護師

NK療法は、がん治療にとっておおきな可能性が期待されている治療法のひとつですが、まだまだ不完全は面もあります。まず、NK療法だけにとどまらず免疫療法という分野に関しては日本での保険適用がされておらず、治療費は全額自己負担になります。NK療法の場合、抽出したNK療法を培養する部屋が必要ですが、この部屋は無菌室である必要があり、培養は専門の技師による手作業で行われます。このため、維持費と人件費がとてもかかります。NK療法を受ける際に最も注意しなければいけないのは治療費が高額になるという点です。また、培養には長い期間が必要で、その間はがんの増殖が続くことになります。培養期間は別の方法で治療を受けるようにしましょう。

NK療法,のNKとは、ナチュラルキラー細胞の略称です。ナチュラルキラー細胞は私たちの身体の中に普段から存在していて、身体の内部や外部から侵入した異物を分析し、害があると判断すれば攻撃する役割を持っています。私たちがいろいろな病気に耐性があるのは、このナチュラルキラー細胞が防御してくれているおかげだといっても過言ではありません。このナチュラルキラー細胞を人工的に培養によって増殖させ、患者の体内に注入するのがNK療法です。主にこの治療法はがんの治療によって用いられ、ナチュラルキラー細胞の強い防衛効果を利用しています。NK療法の最大のメリットは従来のがん治療と違って患者さんお負担がほとんどないという点です。